001006006

001006006

タイトル 【Beauty コラム】スキンケアからメイクまで大活躍!シリコンパフの魅力と使い方
登録日 2018-01-12

スキンケアからメイクまで大活躍!シリコンパフの魅力と使い方

スキンケアからメイクまで大活躍!シリコンパフの魅力と使い方

ベースメイクをする際は、スポンジやブラシ、指などを使う女子が多いですが「シリコンパフ」を知っていますか?
アメリカや韓国で人気のシリコンパフは、日本にも上陸し注目されているメイクツール。
シリコンパフは、スポンジパフに比べてお手入れも簡単で清潔に保つことができます。
今回は、そんな魅力いっぱいのシリコンパフについて紹介します。

お手入れ簡単! シリコンパフの魅力4つ

1. 清潔に保つことができる
一般的なスポンジパフは、ファンデーションや皮脂がスポンジに残ってしまい、放置すると雑菌が繁殖する原因になるので定期的に洗う必要があります。
しかし、シリコンパフは、汚れを吸収しないので汚れがさっと落ちて、タオルで水気を拭き取るだけでOK!
スポンジ専用のクリーナーを使ったり、乾かす必要がないので、簡単に洗うことができるのが嬉しいポイントです。

2. ナチュラル肌をつくれる
ぷにぷにとやわらかいシリコンパフは、指で伸ばしているかのような感覚でファンデーションを塗ることができます。
シリコンパフを折り曲げると、目元や小鼻など細かいパーツにもしっかりとファンデーションが馴染みます。
伸ばし終えたら、トントンと叩き込むようにすると透明感のあるツヤ肌に。

3. コスパが良い
一般的なスポンジパフは、ファンデーションを吸収してしまいますが、シリコンパフはファンデーションを吸収しませんので無駄を防げます。
またシリコンパフは丈夫で耐久性があるので、1つ購入したらしばらくの間使い続けることができます。

4. ベースメイク以外にも使える
「シリコンパフ=ファンデーションに使うアイテム」というイメージがありますが、乳液や化粧下地、コンシーラー、クリームチークなど使えるシチュエーションがいっぱい。
シリコンパフが1つあるだけで、手を汚さずにスキンケアからメイクまで一通り済んでしまうのも嬉しいポイントです。

ナチュラル肌をつくるシリコンパフの使い方

シリコンパフはファンデーションを吸収せず、伸びがいいので普段使っている量よりも少なくするのがポイント。
一度に出すファンデーションの量に注意して、足りない分をその都度出すようにしましょう。

<ファンデーションの塗り方>
1. シリコンパフにリキッドファンデーションを半プッシュのせる。
2. おでこ・鼻・あご・両頬の5点にファンデーションをつける。
3. 顔の外側に向かって全体に滑らせるように広げる。
4. 肌に馴染ませるようにポンポンと叩き込む。
5. 目元や小鼻、口元などの細かいパーツは、シリコンパフを折り曲げて叩き込む。

■オススメアイテム

マイビューティーツール シリコンパフ

マイビューティーツール シリコンパフ
454円(税込)
エチュードのキャラクター、猫のシュガーの形をしたシリコンパフ

シリコンパフを使うときの注意点

スポンジパフと同じようにファンデーションをつけてしまうと、量が多くなかなか肌に馴染まずベタつき肌になることも!
しっかりなじまなかったファンデーションは、ムラや化粧崩れの原因になってしまうので注意が必要です。
シリコンパフのコツは、ファンデーションを少量ずつとり、足りない分を出すようにしましょう。
また、シリコンパフは、スポンジパフのような吸収性がないのでパウダータイプのコスメは避けるのもポイントです。

シリコンパフを使ってみて

スポンジパフに比べてお手入れが簡単、コスパが良いなどと魅力いっぱいのシリコンパフ。
さまざまなシチュエーションで使えるので、1つ持っておくと便利です。
今回ご紹介したシリコンパフの使い方を参考に、ツヤのあるナチュラル肌になりましょう!

リスト

▲ このページのTOPへ戻る

エチュード ハウス sweet caster
韓国コスメのエチュードハウス(ETUDE HOUSE)|公式通販サイト